*

便秘

幼児の便秘解消に役立つ食べ物

幼児が便秘になってしまったとき、1番最初に行うのは食生活の見直しでしょう。

幼児の月齢にあわせて食べて良い食材とそうでない食材があるため、よく注意しながら便秘解消料理を作りましょう。

 

まずはどんな月齢でも安心して利用できる食材としてオリゴ糖を含む食材があげられます。

オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサとなり、活動を活性化させるため、腸内の環境を改善させて便秘の解消を促すにはぴったりです。

 

オリゴ糖は、玉ねぎやとうもろこし、キャベツやアスパラガスなど様々な食材にいろいろな種類のオリゴ糖が含まれています。

 

それらを調理した料理は便秘にもいいのですが、子どもですから量をあまり多く食べられないという問題もあります。

 

そのような場合は、粉末で純度の高いオリゴ糖食品が購入できますから、そのようなものを利用するのもひとつの方法です。

ほのかな甘みで幼児でも抵抗を感じることなく食べられるのもオススメなポイントです。

 

また、同じく甘みのある食材としておすすめなのはバナナです。バナナにもフラクトオリゴ糖と呼ばれるものが含まれています。

 

食べ過ぎると便が緩くなってしまいますが、乳幼児の月齢に応じてつぶしたり細かく切ったりして適量を与えましょう。

 

また、ある程度幼児が何でも食べられるようになっている時は、食物繊維の多いキノコ類や根菜類などを多めに与えることが便秘解消に役立ちます。

 

その場合、幼児によっては好き嫌いで食べられないというケースも起こり得るため、ハンバーグの中に細かく刻んで混ぜてしまうと、味も見た目も分からなくなって美味しく食べることが出来るでしょう。

 

便秘になるかならないかは食生活が大きく関わってくるので、普段の食事作りには注意を払うと良いでしょう。幼児の便秘を根本から治す:幼児便秘解消法.com

 


便秘ならホットヨーグルトがおすすめ

お腹が張った日が続いたりなかなか便が出ないなど便秘に悩まされている方は多いかもしれません。

そういった便秘の解消法としてよく知られているのが整腸作用のある乳酸菌を豊富に含んだヨーグルトの摂取ですが、最近では冷蔵庫で冷やした冷たいヨーグルトではなく便秘解消にホットヨーグルトを食べる方法がちょっとしたブームとなっているのです。

ホットヨーグルトは有名料理研究家によって考案されたダイエットレシピなのですが、ヨーグルトを温める事によってヨーグルトに含まれている有効成分が吸収されやすくなり高い整腸作用があると言われています。

また冷えたヨーグルトですと内臓を冷やして機能が低下してしまう可能性が高いためホットヨーグルトは効果的だとされていますし、ヨーグルトに含まれているカルシウムの吸収効率もアップするのでダイエットにも効果的だと言われています。

そのためホットヨーグルトは便秘やダイエットに悩む女性に特に人気が高く、腸内環境が改善される事により美肌効果にもつながるので美容法として実践している女性も多いのです。

ホットヨーグルトは600Wの電子レンジで1分程度温めるだけの簡単な作り方ですし、健康効果の期待できる黒酢や蜂蜜であったり豆乳などを加えてアレンジしたホットヨーグルトでもよいでしょう。新生児の便秘の原因

 


便秘は1週間程経つと本当にきつい

便秘って1週間程経つと本当にきついです。

きつくて便秘薬に頼りそうになりますが私は決して飲みません。

その後、下痢でお腹を下すのがまたまたしんどいからです。

まずは毎朝ヨーグルトにフルーツをたっぷり入れて食べます。

そして牛乳をたっぷり入れたコーヒーを飲みます。

季節に応じてアイスかホットですがホットの方が便意を催しやすく思います。

これが私の毎朝の日課です。

そして運動。

これは私には欠かせません。

特にヨガ的要素を含んだ体操をする事です。

始めはYouTubeで見ながらやっていました。

その後、自分に効く動きを見つけ5種類ほど時間がある時や子供を寝かしつける時などにやっています。

便意って25秒ほどしかないそうで、その間にグッと気張るのがポイントだそうです私はそれを意識して、その感覚がやってくればトイレに駆け込みグッと気張ります。

オリゴ糖がいいと聞くので、我が家では蜂蜜代わりに使っています。

ホットケーキに付けたり、コーヒーのシュガーに使ったりヨーグルトに入れたり、甘みのいるお料理にはたいてい使っています。

コストも安いので、ドラッグストアで500g入りのを購入します。

便秘を治したいのなら、運動が必要